近年IOTという言葉を様々な場面で見かけます

IOTとはInternet Of Thingsの略で、直訳すると「モノのインターネット」、わかりやすく言い換えるならば「色々なものをインターネットに繋げて便利にしちゃおう」というものです。

例えば、「玄関の鍵、閉めたっけ?」なんていう時、玄関の鍵がインターネットに繋がっていればスマホで今閉まっているかが確認できたり、開け閉めまでできてしまう、、というような感じです。

便利と危険は反比例

当然、便利なだけではありません。例えば上記の鍵のお話でも、例えばスマホから開け閉めができるという事は、もしスマホを盗まれたり乗っ取られてしまった場合、むしろ従来の鍵よりも簡単に他人に開け閉めできてしまうという事になります。

今後

おそらく高齢化、働き手の減少を迎える日本において、IOTの流れは止めることのできない流れとなってゆくと思われます。

思いもしなかったようなモノがインターネットに繋がり、思いもしなかったような便利なサービスが生まれてゆくでしょう。
ただ残念な事にその分、思いもしなかったような危険も、また同時に生まれてくるでしょう。

今のうちから

そのような昨今、企業のITセキュリティへの意識はもはや当たり前に求められるものであり、当然持っているべきものであると我々も考えております。

(逆にそういった意識の低い企業は淘汰されてゆくのではないかと考えております。)

おかげさまで様々なお客様先へ訪問をさせて頂いておりますが、セキュリティに関するご質問を承る頻度が高くなってきたと実感しております。

今のうちから高い意識を持つ癖が必要です。

情報は財産

大切な情報を漏洩してしまい、社会からの信用を失う事は金額以上の損失といえるのではないでしょうか。
社内のパソコン一台でもインターネットに繋がっていれば、それはもう立派に危険なインターネットという世界の一員です。

交通事故と同じで、事が起こってしまってからではあまりにも遅すぎます。

無料相談を実施しております

とはいえ、何を持ってして万全といえるかというのはなかなか難しいものがあります。

パソコンのご使用環境、ネットワーク構成など、様々な観点から分析する必要があります。
もちろん必要以上のコストをかけない事もとても大切な事です。

少しでもご興味がおありの方は無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。ITのプロとして最適なアドヴァイスを致します。